1. TOP
  2. 大腸がん
  3. 直腸がん手術は、名医より手術数が重要!大腸がんの手術数のランキングを公開!

直腸がん手術は、名医より手術数が重要!大腸がんの手術数のランキングを公開!

 2021/01/23 大腸がん 病院  

どこの病院で手術を受けたら良いか悩まれていませんか?

もし、悩まれたならば、手術数の多い病院で治療を受けるとよいです。

名医を探す必要はありません。手術数の多い病院を探すとよいです。

手術はチームプレイだからです。

手術前、手術後には、看護士のサポートも重要な役目を果たします。

万が一、トラブルが発生したときも、その手術後の管理になれている看護師であれば、術後のトラブルを早期に発見して医師に連絡して、すぐに対応してもらえます。

手術だけ手術数の多い病院でうけて、その後の治療は地元の病院で受けるというのもよいでしょう。

大腸がんは、S情結腸がん、上好結腸がんなど、いろいろありますが、その中でも直腸がんは、非常にハイレベルな手術を要求されます。直腸がんは、手術数の多い病院でうけることをお勧めします。

2020年における手術数トップ10

1、がん研有明病院

2、大阪医科大学病院

3、県立静岡がんセンター

4、国立がん研究センター東病院

5、国立がん研究センター中央病院

6、埼玉医科大学国際医療センター

7、大阪国際がんセンター

8、大垣市民病院

9、神奈川県立がんセンター

10、愛知がんセンター病院

参考資料:手術数でわかるいい病院2021年版

ちなみに、肛門温存をする内肛門括約筋切除術のトップ3は以下の通りです。

1、国立がん研究センター東病院

2、大阪医科大学病院

3、横浜市立大学市民総合医療センター

2019年における手術数トップ10

1、がん研有明病院

2、県立静岡がんセンター

3、大阪医科大学病院

4、国立がん研究センター東病院

5、埼玉医科大学国際医療センター

6、虎の門病院

7、国立がん研究センター中央病院

8、都立駒込病院

9、横浜市立大学市民総合医療センター

10、大阪国際がんセンター

参考資料:手術数でわかるいい病院2020年版

2年とも、トップ10の病院に大きな変化はありませんでした。

手術数の多い病院でセカンドオピニオンを受けた方が良いケース

1、人工肛門が避けられないといわれた場合

2、高齢であることや、持病のために、手術ができないと言われた場合

3、腹腔鏡手術を希望しているのに、腹腔鏡手術が難しいと言われた場合

手術数以外に参考にすべきものとは?

がん診療連携拠点病院ならば、がん別の五年生存率が公表されています。

その数値が、他の施設より劣っていないかを確認することも大事です。

ちなみに、最近はロボット手術という選択肢も出てきています。

ロボット手術も今後広がるものと思われます。

 

 

 

 

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • 大腸癌の検査の方法と費用ならびに検査の期間を医師が解説!楽に検査を受ける秘訣とは?

  • 70歳未満のすべての大腸がんの方に、遺伝子検査を受けることが、推奨!

  • 肺がん手術は、名医より手術数が重要!肺がんの手術数ランキングを公開!

  • 血縁者に大腸がんの方がいるときには、大腸カメラを受けるべき理由とは?

  • 胃がん手術は、名医より手術数が重要!胃がんの手術数のランキングを公開!

  • 食道がん手術は、名医より手術数が重要!食道がんの手術数のランキングを公開!