1. TOP
  2. 心のケア
  3. 気持ちの状態の評価について

気持ちの状態の評価について

心のケア  

こんにちは。加藤隆佑です。

がんになると気持ちが落ち込みますが、その程度によっては、専門家のサポートを受けた方が良いこともがあります。

サポートを受けた方が良いかをしるために、気持ちの状態を客観的に評価する方法があります。

その評価をすることで、気持ちの状態をよりよくしていくためにどうしていくかを専門家に相談しないといけないことがあります。

具体的には、以下のような表をもちいて点数を計算します。

(PHQ-9 (Patient Health Questionnaire-9)

1~9のいずれかの問題に1つでもチェックしているなら、右の欄の最もよくあてはまる選択肢 (0.全く困難でない,1.やや困難,2.困難,3.極端に困難) の中から一つ選び、その数字に○をつけてください。

そして、すべての点数を合計してください(A)。

次に、以下のことについて教えてください。

それらの問題によって仕事をしたり、家事をしたり、他の人と仲良くやっていくことが どのくらい困難になっていますか?

1、ほとんど問題なし

2、たまに困難になることがあり

3、とても困難になる

4、非常に非常に困難である

(A)の点数に関して

  • 1~4点: 最小うつ病
  • 5~9点: 軽症うつ病
  • 10~14点: 中等症うつ病
  • 15~19点: 中等度重症うつ病
  • 20~27点: 重症うつ病

5点以上ならば、心の専門家に相談してみると良いと思われます。

関連記事

  • 薬も大切ですが、自分自身にも病気を、治す力は秘められています。

  • がんの治療中の不眠を解消することはできます。そのコツを医師が解説!

  • がんはポン!

  • がんの告知をしないメリットはある?告知でうつ病にならないか?そのような悩みの解決法

  • がんの家族に1日でも長く生きてもらうためには、どうしたらよいのか?

  • 癌による告知を受け入れ、穏やかな気持ちになるためにすべきことを医師が解説