1. TOP
  2. 副作用対策
  3. リムパーザ(オラパリブ)の効果と、吐き気という副作用を取り除く方法を医師が解説

リムパーザ(オラパリブ)の効果と、吐き気という副作用を取り除く方法を医師が解説

 2021/01/20 副作用対策  

こんにちは。加藤隆佑です。

本日は、卵巣がんや、乳がんで用いられることが多いです。

本日は、リムパーサの代表的な副作用である、吐き気を取り除く方法と、リムパーザの効果について、解説します。

リムパーサ(オラパリブ)の効果とは?

卵巣がんや、遺伝子の乳がんを抑えるのに、有効な薬です。

飲み薬になります。

注意点として、この薬の内服期間中は、グレープフルーツやセイヨウオトギリソウを含む食品は摂取してはいけません。

血液中のリムパーサの濃度に、影響を与えるからです。

リムパーザの副作用とは?

吐き気や下痢、貧血、疲労感です。

それ以外の副作用としては、下痢、食欲減退、無力症、味覚異常などが報告されています。

さて、一番頻度の多い副作用は、吐き気です。

飲み始めたばかりのときに、吐き気は起きやすいとされています。

1から3ヶ月くらいすると、次第に吐き気は治まってくるケースが多いです。

したがって、飲み始めの時期の吐き気を、しっかりと制御することが、大切です。以下のようなお薬が有効です。

  • 精神の不安を和らげる薬である、ノバミンやロラゼパム
  • ナウゼリン、プリンペラン、ドラマミン
  • 六君子湯という漢方

以上のような薬を用いて、吐き気をしっかりとることが、非常に大切です。

吐き気は食事摂取量を減らし、体力の低下につながります。そのことだけは、絶対に避けないといけません。

初めの1から3ヶ月を乗り切れれば、かなり楽に治療を受けられます。

リムパーザによる骨髄抑制も次第に回復する。

リムパーザにより、骨髄の機能が低下し、白血球(好中球)、赤血球、そして血小板が減ることがあります。

この副作用も、内服を続けるうちに、改善していくことが多いです。

リムパーザと似た薬であるゼジューラカプセルを例にとりますと、以下のような感じになります。

・・・・・

グレード3以上の血小板減少症の発現率は、最初の1年が33.8%であったのが、2年目以降になると2.8%になる。

貧血の発現率も25.6%から0.7%、好中球減少症の発現率も19.3%から2.1%になる。

・・・・・

リムパーザが原因で白血病になることがある。

リムパーザの副作用で、一番の問題は白血病です。

約0.8%の頻度で、白血病や骨髄異型症候群とったような、血液を作る部位のがんになることが、判明しています。

リムパーザの兄弟分的な薬で、ゼジューラカプセルというお薬がありますが、こちらのお薬も、約1.4%の頻度で白血病を発症することが判明しています。

頻度は低い副作用ではありますが、定期的に採血の検査をして、白血病になっていないかを確認しないといけません。

どのような乳がんに、リムパーザは効果がある?

遺伝性の乳がんに対して、効果があります。

がんの成長を制御できる期間は、リムパーザの場合は、約7.0か月とされています。

リムパーザ以外の抗がん剤を用いた場合は、がんの成長を制御できる期間は約4.2か月でした。

つまり他の抗がん剤に比べると、リムパーザは効果がより良いということになります。

参考文献:Olaparib and durvalumab in patients with germline BRCA-mutated metastatic breast cancer (MEDIOLA): an open-label, multicentre, phase 1/2, basket study

どのような卵巣がんに、リムパーザは効果がある?

すべての卵巣がんの方に、リムパーザを用いることができるわけではありません。

以下のうちの、どちらかの条件を満たす方に、投与できます。

条件1、再発した卵巣がんに対して、カルボプラチンやシスプラチンといった薬を用いて治療をして、非常によく効いた方

再発した卵巣がんに対して、カルボプラチンやシスプラチンといった薬を用いて、卵巣がんを、かなり小さくさせることができた場合に、リムパーザを用いることができるということです。

卵巣がんを、小さくさせたのちに、リムパーザを用いると、以下のことが期待できます。

小さくなった卵巣がんを、長期間にわたって、小さい状態のままにする。

リムパーザを服用した方のうち、約10%の方は、とてつもない効果がでることがあります。

何年にもわたって卵巣がんを制御できるのです。

一方で、がんを制御できる期間の中央値は、約8.4ヶ月です。

条件2、BRCA という遺伝子変異がある卵巣がんの方で、カルボプラチンやシスプラチンを用いた治療が、非常によく効いた方

「BRCA という遺伝子変異がある卵巣がんの方が、カルボプラチンやシスプラチンなどによる治療を受けて、卵巣がんを、かなり小さくさせることができた場合」に、リムパーザを用いることができるということです。

この場合においては、60%以上の方は3年以上にわたって、がんの増殖を制御できます。

条件3、相同組換え修復欠損(HRD)がある卵巣がんの方で、「アバスチン+カルボプラチン+パクリタキセル」による治療が、非常によく効いた方

その場合は、卵巣がんが再び大きくならないように、「アバスチン+リムパーザ」による治療が推奨されます。

卵巣がんの約50%の方は、相同組換え修復欠損を持っていると言われています。

もし条件3の治療法が適応であるならば、条件3の治療が一番良いと思います。

さて、条件1と条件2は似ているように思えるかもしれませんが、少し異なります。

この相違点をわかりやすく説明すると、「はじめて卵巣がんになった方で、BRCA遺伝子変異がない方」は、リムパーザを用いることができないと言うことです。

本来であれば、リムパーザを用いるようにすべきなのですが、保険診療上では用いることができないのです。

しかし、リムパーザと似たお薬である、ゼジューラカプセルという薬が、この問題点を解決してくれました。

はじめて卵巣がんになった方で、BRCA遺伝子変異がない場合、リムパーザは用いることができなくても、ゼジューラカプセルであれば、用いることができるようになったからです。

結論として、今後は、「小さくなった卵巣がんを、長期間にわたって、小さい状態のままにする治療」は、以下のどちらかが選択されることが多くなるでしょう。

  • ゼジューラカプセル
  • アバスチン+リムパーザ

BRCA遺伝子の検査は、どのような検査?

7ccくらいの血液でBRCAという遺伝子変異があるかどうかは分かります。結果がでるのに3週ほどかかります。

そしてBRCA遺伝子変異があれば、遺伝性卵巣がんということになります。血縁の方も、卵巣がんや乳がんになりやすい可能性がでてきます。

補足事項となりますが、遺伝性卵巣がんの頻度は、以下の通りです。

  • BRCA1という遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約8%
  • BRCA2という遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約3.5%
  • BRCA以外の遺伝子に変異のある遺伝性の卵巣がん:約6%

また以下のようなデータもあります。

  • 漿液性腺がんというタイプの卵巣癌:28.5%の方にBRCA遺伝子に変異あり
  • 明細胞腺がんというタイプの卵巣癌:2%の方にBRCA遺伝子に変異あり
  • 類内膜腺がんというタイプの卵巣癌:6.7%の方にBRCA遺伝子に変異あり
  • 粘液性腺がんというタイプの卵巣癌:0%の方にBRCA遺伝子に変異あり

がんになりやすい遺伝子が、子供に遺伝してしまった時の心構えは、こちらで解説しています。

 

 

 

 

文献:NEWLY DIAGNOSED AND RELAPSED EPITHELIAL OVARIAN CARCINOMA: ESMO CLINICAL PRACTICE GUIDELINES2019].

文献:NHS Choices, Ovarian Cancer[Accessed August 2019].

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • オキサリプラチンによる、しびれを解決する方法

  • 抗がん剤によって、酔ってしまうという副作用を医師が解説

  • アブラキサンによる筋肉痛の対処法

  • ジェムザール(ゲムシタビン)の間質性肺炎という副作用の対処法を医師が解説

  • イリノテカンによる下痢・吐き気・脱毛への対処方法を医師が解説

  • 抗がん剤による血管痛の対処法を医師が解説