1. TOP
  2. 心のケア
  3. がんの告知をしないメリットはある?告知でうつ病にならないか?そのような悩みの解決法

がんの告知をしないメリットはある?告知でうつ病にならないか?そのような悩みの解決法

 2021/01/24 心のケア  

こんにちは。加藤隆佑です。

さて、がんの告知をすべきか悩まれる家族の方がいます。

結論ですが、がんが見つかったときに、告知をするべきです。

告知されると、精神的なショックを強く受けます。そのショックから立ち直れないのでは?と、家族の方は不安になります。

しかし、時間とともに、そのショックから、必ず立ち上がれます。

そして、ご自身の病気と、しっかりと向き合った方が、長い目で見ると、たくさんのメリットがあります。

最大のメリットは、今後の人生の生き方を、もう一度、見つめ直すことができることです。

がんとは、命に関わる病気です。治るかたは、たくさんいますが、残念ながら、すべての方が助かる訳ではありません。

死の可能性に直面することにより、今後の人生の送り方を、再考しないといけないことになります。また、これまでの生き方の意味付けを、考え直すことにもなります。

それは、とても大変なことなのですが、それらのことをちゃんとすることが、より良い生き方につながります。

ただし、がんの告知をしない方が良いケースがあることも、事実です。そのことについては、この記事の後半で、お伝え致します。

告知をしないとどうなる?

告知しない場合、病状が進んでつらい状況に、なったとします。

患者さんは疑心暗鬼になります。

  • なぜ、病院に行っても、病気が良くならないのか?
  • なぜ、副作用のある治療を受けないといけないのか?

ご家族や医療者に不信感を持ちます。

認知症の家族が、がんになったときに、告知をする必要があるのか?

認知症の程度にもよります。もし記憶を維持することが、できないならば、告知をするメリットは、ありません。

告知をすることにより、不用意な混乱を与えるだけになってしまうでしょう。

認知症の症状が強いときには、がんの告知のメリットは非常に少ないです。

逆に、認知機能がある程度しっかりしているときは、どれだけ高齢の方であっても、がんであることを、お伝えした方が良いです。

注意点として、ご高齢の方は、若い方に比べると、病状に対する理解が、スムーズにできないことが多いということがあげられます。

ご高齢の方への説明のときは、丁寧で、分かりやすい説明が要求されます。

がんを告知されて、うつ病にならないか心配です。

—-

あちこち検査をしたことにより膵臓がんが発覚しました。膵尾部に2センチの悪性腫瘍がみつかりました。

母はもとより、父もひどくショックを受け、まだまだ現実を受け入れられていない状態です。

とにかく、どのように精神状態を支えてよいものか、私も途方にくれております。

—-

診断後に、現実を、受け入れられずに、このようなことになりがちです。

このようなショックな状況であっても、どの程度の時間がかかるかという個人差はありますが、必ず、精神的なショックは乗り越えれます。

従って、一時的なショックは、やむを得ないと思ってください。

適切な対応をすることにより、ショックを1日も早く乗り越えられるようにしていくことが大事です。

そのために、ご家族の方にしていただきたいことがあります。

家族がすべきこと

本人の話をよく聞くことです。

そして、無理に慰めたり元気づけようとしたりする必要はありません。

病気を抱えた人として特別扱いするよりも、寄り添ってあげましょう。家族が近くにいるだけで、本人のストレスを軽減できます。

次にしていただきたいこととして、家族の方も、がんの病状を理解して欲しいです。

告知をされた本人は、ショックによって、適切な判断ができなくなることがあります。そのようなときは、家族がその手助けをしないといけません。

それと同時に、がんになった人の行動や言動をちゃんと観察し、時には記録してください。その情報を医療者に伝えることで、治療やケアにとても役に立ちつことがあります。

治療に備えて、体力の低下をさせないことも、大切です。

ショックのために、食欲低下、睡眠不足、家からでなくなり、筋力低下ということが、おきてしまうこともあります。その結果、体力低下になり、治療にも、支障がでます。だからこそ、体力の維持を、しないといけません。

そのためにも、体力の維持に繋がる食事を意識して欲しいです。

たとえば、タンパク質を十分量摂取することは、体力維持にかかせません。

そして、足腰を弱らせないように、1日5分だけでもよいので、外に出るように、家族は促して欲しいです。

うつ気味で、食欲がないときはどうしたらよい?

ドグマチールを一日の量として30ミリグラム処方してもらうとよいです。

本来は、一日150ミリグラム飲むので、このような飲み方は、やや特殊な飲み方ですが、うつ気味で食欲がないときに、とても効果が期待できます。

私が信頼している精神科の医師に教えて頂いたことがきっかけで、私も、たまにそのような処方をします。

安易な薬物療法は避けるべきですが、薬物療法を考慮した方が良いこともあるのです。

ちなみに、大半のケースにおいては、薬物なしで、食欲や元気は回復します。

がんの告知を希望しない患者さんにも、告知をする必要がある?

患者さんが病気のことを知りたくない、というケースは、ときどきあります。

その場合は、知りたくないという言っている患者さんに、病気の情報を不用意に押し付けるのはダメです。

良かれと思ってしたことが、逆効果になります。

このようなときには、なぜ患者さんは、知りたくないと思っているのか尋ねてみましょう。

知りたくないという気持ちを、しっかり受け止めてあげることが、はじめにすべきことになるのです。一方的に、「詳しく病状を聞かないとダメよ!」とお話してはダメです。

また何回か話を聞いているうちに、「病状を詳しく聞いてみようかな?」という気持ちになることは、多いものです。

しかし、残念なことに、一部の医師は、知りたくないという気持ちを表明している患者さんに、無理やりがんの告知をしてしまうことがあります。

そのようなケースが減るように、医師に対する「告知の仕方の教育」の普及も大切です。

末期の状態で見つかったがんであっても、告知は必要?

もし余命があと数週間という状態で見つかったときにも、最近は、がんであることを告知されます。

そして、末期の状態であっても、患者さんは、気持ちの整理をつけられる方が多いです。

もし告知をすることに、家族の方が不安ならば、ご本人が告知してほしいかどうかの気持ちを確認してみてください。

ホスピスに入院するときは、がんの告知は必要なのか?

ホスピスに入院するときには、告知されていることが、前提となっています。

しかし、中には、がんであることを知りたくない人がいます。そのような人は、ホスピスに入れないのでしょうか?

実は、日本では有名な、あるホスピスでは、告知をしていなくても、入院を可としています。

私がそのホスピスのスタッフに、その理由を確認したところ、以下のようなことを教えて頂きました。

「がんの告知を受けることを希望していない方」であっても、がんであることは察してはいる。

真っ向から、がんと言われることを希望しないわけですから、そのような気持ちを尊重したい。

そして、本人が知りたいと思ったときには、がんのことを伝えよう。

 

そのような心がけで、緩和医療を提供するのだそうです。

私は、そのホスピスを見学したときには、とても感銘を受けました。とても学ぶべきことが多かったです。

その病院の名前は、東札幌病院です。

  • スタッフの方が、とてもやりがいを持って働いている
  • 患者さんのために、どうしたらよいかを、みんなが同じ足並みで、考える
  • 理念が浸透していて、理念を、実際に、しっかりと実行に移している。

この病院だったら、私も、入院したいと思うような病院でした。

ちなみに、大きな組織ほど、足並みが、そろわないものです。足並みがそろわないと、患者さん目線のよい医療はできないのは明白です。

このような病院が、日本中にあると良いと感じました。

さて、がんと診断されても、克服する確率をあげることは、できます。

そのために知って欲しいことは、こちらに書いています。

 

関連記事

  • がんの治療中の不眠を解消することはできます。そのコツを医師が解説!

  • シングルマザーである親として、子供を残して死ぬわけにはいかない

  • がんになったら必ずうつになり、うつに苦しむのですか?

  • 余命告知はあたらない!

  • 癌による告知を受け入れ、穏やかな気持ちになるためにすべきことを医師が解説

  • あなたの気持ちの問題で、副作用が強くなることがある!その対処法を解説