1. TOP
  2. 心のケア
  3. がんと告知された奥様を、どのように支えたら良いか?

がんと告知された奥様を、どのように支えたら良いか?

 2021/01/23 心のケア  

こんにちは。加藤隆佑です。

がんと告知された奥様を、どのように支えたら良いか悩まれる方は多いです。

男性は、仕事中心の生活を送っている方が多いです。その結果、奥様のがんのことを相談できる相手がおらず、悩み続けている方もいます。

さて、旦那様にしてほしいは、以下のことです。

「奥様のお話や気持ちを聞く。がんのことを、話し合う。」

とてもデリケートな話であり、なかなか話あえないかもしれません。そうであったとしても、勇気をふりしぼって、このテーマで話し合って欲しいのです。

自分の想い、奥様にしてあげたいこと、してほしいこと。なんでもよいので、いっぱい話をしてみてください。

日常会話すら満足にできなかったのに、急に話し合いなんて、できないという人もいるでしょう。話あったとしても、考え方で衝突するかもしれません。

衝突したとしても、最終的には良い結果にすることはできます。

何回も話し合っていくうちに、落とし所が見えて、そして、夫婦の絆が深まればよいなと思います。

<本日のまとめ>

奥様を支えるためのスタート地点は、話し合い!

ちなみに、話し合い以外に、家族にして欲しいことは、情報収集です。

奥様は治療に精一杯で、情報収集をするのが難しくなることが多いからです。

もし情報収集するとしたら、おすすめは、国立がん研究センターが運営する「がん情報サービス」です。

<引用>

この記事は、こちらのブログより引用しています。

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • がん治療中のせん妄の解決のために、家族が知っておくべきことを医師が解説

  • どのように、がんによる親の死別で傷ついた子どもに向き合ったら良いか?

  • がんと戦える体力があるならば、がんに対する治療を諦めなくても良い

  • シングルマザーである親として、子供を残して死ぬわけにはいかない

  • がんになったら必ずうつになり、うつに苦しむのですか?

  • がんの治療中の不眠を解消することはできます。そのコツを医師が解説!