1. TOP
  2. オススメ書籍
  3. 身近な人ががんになった時に役立つ知識76_内野三菜子(著)

身近な人ががんになった時に役立つ知識76_内野三菜子(著)

 2021/07/28 オススメ書籍  

こんにちは。加藤隆佑です。

がん治療を専門に、総合病院で勤務しています。

本日は、私が読んだ書籍の中で、オススメの1冊をご紹介いたいます。

現役の国立病院の医師で、放射線治療を専門にされている内野三菜子先生が書かれた「身近な人ががんになった時に役立つ知識76」です。

この本を1冊読むことにより、がんのこと、治療のこと、治療を受ける際に利用したい制度などがわかるようになります。

経済的なサポートをしてくれる制度、がんの治療法が、病院の選び方などが、書いてあります。

とくに、医療費のサポートの説明は、他の書籍よりもわかりやすいです。

がんと診断されてまもなくの方、身近にがんの人がいるときには、是非読んで欲しいです。

何個か引用します。

がん専門病院は、がんの治療と研究に特化しているために、他の疾患がある場合には、連携が取れないケースもあります。
 
「糖尿病の持病がある」「人工透析を受けている」さらに「最近になって心臓や大動脈に大きな手術を受けた」、といった場合には、総合病院の方が安心ということも少なくありません。

70歳以上の患者さんが世帯の中にいたら、高額療養費を申請すれば、「世帯」で、どんなに高額な医療費になっても自己負担は4万4400円になる。

40〜64歳でも、がんによって介護状態と認定されたら、介護保険が使える。

平易な言葉で書いてあるので、とても読みやすいです。

インターネットで断片的な情報を探すだけでは、情報収集としては限界があるでしょう。そのような時にも、この本を読むと、より有効に知識を活かせます。

以下のような目次になっています。

第1章:「がん」と診断された時に読む!がんの基礎知識

第2章:後悔しない病院選び

第3章:正しく知っておきたい!検査と治療の基本

第4章:がんの治療にはお金がかかる?知っていれば安心できる治療費と保険

第5章:がんで困った時に使える公的保障あれこれ

第6章:退院後の採決で気をつけておきたいこと

第7章:がんになっても働くために知っておきたいこと

第8章:終末期の過ごし方

1家に1冊、置いとく価値がある良書です。

「身近な人ががんになった時に役立つ知識76」はこちらです。

 

 

関連記事

  • がんにおける介護保険の活用について医師が解説

  • 運動やリハビリのがんへの効果は?運動でがんの進行や再発を抑えられるかを医師が解説

  • がんの治療中の不眠を解消することはできます。そのコツを医師が解説!

  • モルヒネの副作用に悩まされず痛みを除く!便秘、吐き気への対処法を医師が解説

  • 胃がんの腫瘍マーカーであるCA19-9やCA125などについて医師が解説

  • アベマシクリブ(ベージニオ)のホルモン受容体陽性乳がんへの効果と副作用を医師が解説