1. TOP
  2. 脱毛
  3. 抗がん剤による脱毛に対する頭皮冷却法の効果を医師が解説

抗がん剤による脱毛に対する頭皮冷却法の効果を医師が解説

 2021/01/12 脱毛  

こんにちは。加藤隆佑と申します。

がん治療を専門に小樽協会病院で勤務しています。

さて、抗がん剤による脱毛で、悩まされる方は非常に多いです。

「脱毛をするくらいならば、治療を受けることを希望しない。」

そのような方もいらっしゃいます。

しかし、脱毛が回避できるような方法はあります。

頭皮冷却法という治療方法があります。

日本のガイドラインにおいても、頭皮冷却法に対して、以下のような内容の記載があります。

日本人を対象とした臨床試験はないが、脱毛の程度を軽減するために、頭皮冷却を推奨する。ただし、我が国では、保険適用外である上に、実施可能施設は限られる。

引用:がん患者に対するアピアランスケアの手引き 2016年版

ちなみに、頭皮冷却とは、以下のような内容です。

—–

クーリング用のキャップを装着して、頭皮を冷やす事により、頭皮への血流を減らして、抗がん剤の毛根への影響を減らす。冷却には、保冷剤や冷却水を循環させる。

—–

アメリカでは、2015年12月より、乳がんの抗がん剤治療の女性の脱毛症を予防するために、頭皮冷却装置として、DigniCapが、承認されています。

脱毛の予防だけでなく、発毛の促進にも、役にたつと、されています。

ちなみに、この治療法により、一部の方は、完全に脱毛を予防できることが、あります。

DigniCapの多施設臨床試験の結果では、患者の66.3%が少なくとも50%の髪を維持していました。

参考文献:The DigniCap Scalp Cooling System and its use in the treatment of chemotherapy-induced alopecia

日本でも、パックスマンや、セルガードという頭皮冷却装置が、2020年から使われるようになってきました。

脱毛を高頻度に起こす薬剤で、パックスマン頭皮冷却装置を用いたところ、60%の方は脱毛を免れました。

引用資料、参考文献:特定保守管理医療機器 Paxman Scalp Cooling システム Orbis承認資料

それ以外にも、90%以上の患者さんは、脱毛になってしまう抗がん剤で、頭皮冷却を併用して行ったら、以下のような結果になったという報告もあります。

  • 20%の患者さんは、髪の毛が全く抜けない
  • 50%の患者さんは、25%の量の脱毛
  • 14.7%の患者さんは、50%の量の脱毛
  • 14.7%の患者さんは、50%以上の脱毛

データでみると、頭皮冷却の効果が客観的に分かるかと思います。

ちなみに、使用方法は、以下の通りです。

—–

頭皮の冷却は、化学療法開始の約30分前からスタート。

抗がん剤投与後治療終も90から180分は頭皮の冷却をする。

—–

この方法が、もっと広がることを切に願います。

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • 子宮体がんの治療の流れ|症状、診断そして治療までを医師が解説

  • 子宮頸がんの手術数のランキングを見る上での注意点とランキングを公開

  • 肺がん手術は、名医より手術数が重要!肺がんの手術数ランキングを公開!

  • エレンタール、ラコール、イノラスを美味しく食べるコツ

  • 緩和ケアでとれない痛みは、セカンドオピニオンが有効!症状を楽にして生活しよう。

  • がんの治療に、どのくらいの医療費がかかるか、知りたい方へ