1. TOP
  2. 漢方
  3. 漢方は、安全ではないし、効果がないと言われました。本当ですか?

漢方は、安全ではないし、効果がないと言われました。本当ですか?

漢方  

こんにちは。加藤隆佑です。

漢方には、がんを抑える力があります。

抗がん剤の副作用を減らす力もあります。

論文などでも、そのようなことは、検証されて、証明されてきています。

しかし、いまだに、一部の医師は、漢方を用いることに反対していますが、最近は、そのような医師は減りつつあります。

特に、抗がん剤の副作用を減らすことに関しては、多くの人医師に支持されつつあります。

ただ、漢方そのものによる、がんを減らす力に関しては、懐疑的な方が多いのが現状です。

今回は、漢方の効果を示した論文を、いくつかご紹介していきます。

副作用を減らすだけでなく、生存期間を伸ばすことにも役立つことがわかるはずです。

論文1

この論文は、進行性非小細胞肺がんに対するハトムギ由来漢方薬を、プラチナ製剤による化学療法と併用した際の効果を検証したメタアナリシスです。

ちなみに、メタアナリシスとは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのための手法や統計解析のことです。

結論として、ハトムギを主成分とする漢方薬は、化学療法との併用により白金系化学療法の有効性を高める可能性があると結論づけています。

論文はこちらです。

論文2

この論文は、乳癌における化学療法と漢方薬の併用に関するメタアナリシスです。

結論として、乳癌の治療において、漢方と化学療法を併用することは,化学療法単独に比べ,治癒率や、化学療法後の胃腸副作用の発生率の面で、明らかに優れていることが確認されています。

論文はこちらです。

論文3

この論文は、非小細胞肺がんにおける漢方薬と化学療法の併用効果に対して行われた無作為化臨床試験のメタアナリシスです。

化学療法に漢方を併用することで、臨床効果およびKPSスコアが向上し、患者の生活の質の改善や、化学療法剤による副作用の軽減が期待できると結論づけています。

論文はこちらです。

論文4

この論文は、ステージ4の胃がんに対して、漢方を併用することのメリットを検証した論文です。

これまでご紹介したものとはことなり、レトロスペクティブな分析となります。

結論として、この研究により、化学療法に併用した漢方により、ステージ IV の胃がん患者の全生存期間を延長し、生存率と生活の質を改善する可能性があることが示されています。

論文はこちらです。

論文5

次は、日本で発表された論文です。

閉経前の乳がんに対して、手術と化学療法を行うと、更年期障害を発生しますが、女神散という漢方で、更年期障害を軽減できたという報告です。

論文6

この論文は、進行性非小細胞肺癌に対する化学療法後の維持療法としての漢方薬のメタ解析です。

(A)全生存期間。(B)無増悪生存期間。(C)1年生存率。(D) 2年生存率は、漢方を併用することにより、延長していました。

漢方を併用することにより、化学療法後のがんの増悪を抑えることに有効であったと結論づけています。

論文はこちらです。

論文7

漢方により生存期間を延長することができるかを、子宮頸がんで検証した論文です。

解析した結果、漢方を併用した方が、生存期間は延長できています。

論文はこちらです。

論文8

こちらは、漢方製剤の併用療法は、化学療法の効果を改善する可能性があるという論文に対するシステマティックレビューとメタアナリシスです。

そして、化学療法と併用する漢方製剤は、化学療法単独よりも客観的奏効率や病勢コントロール率を向上させる可能性があると結論づけています。

論文はこちらです。

最後に、私の論文です.

漢方薬の併用が、がんの抑制と抗がん剤副作用の軽減に貢献した3例です。

この論文では、以下のことを説明しています。

漢方を単に併用するだけではだめで、それなりの量の漢方を投与しないといけない。

がんの治療中は、漢方を併用することのメリットは、とてもあります。

漢方を取り入れて、がんと闘うとよいですよ。

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
札幌禎心会病院がん化学療法センター長

(2021年9月までは、小樽協会病院消化器内科に所属)

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • 漢方の副作用の1つである肝障害の症状と頻度を医師が解説

  • がん治療中の咳への対処法を医師が解説

  • 肝臓がんによる、かゆみや黄だんを解決する方法は?

  • 漢方において注意を要する副作用を医師が解説

  • 漢方を美味しく飲む工夫があります。子供への飲ませ方も解説します。

  • がんの漢方のおすすめを医師が解説!がんの成長を抑え末期症状を抑える漢方は?