1. TOP
  2. 緩和ケア関連コラム
  3. CARTでショック状態、血圧低下、倦怠感を生じないにするために

CARTでショック状態、血圧低下、倦怠感を生じないにするために

 2021/07/10 緩和ケア関連コラム  

こんにちは。加藤隆佑です。

がん治療を専門に、総合病院で勤務している医師です。

今日の記事は、医師向けの内容になります。

がんによる腹水のために、腹水を抜く処置をしないといけないことがあります。

腹水をぬいて、CARTを行うことは、非常に有効な治療法になります。

しかし、腹水をぬいている最中に、強い倦怠感や、血圧低下が生じることがあります。

それは、血管内脱水の中で、腹水を抜いたためです。

したがって、血管内脱水を補正した上で、腹水を抜くことが必要です。

そのために、すべきことを記載します。

1、CART前日に、血管内脱水の有無をチェック

腹部エコーで、下大静脈が虚脱していないかをチェック。

虚脱していなければ、CARTの際の発熱予防として、プレドニゾロン30ミリグラム投与

虚脱していて、脱水があれば、細胞外液(500〜1000CC)を投与しつつ、プレドニゾロン30ミリグラム投与

後者の場合は、一時的に腹部膨満が悪化することを覚悟して、行うことになります。

2、CART当日

細胞外液500CC +プレドニゾロン30ミリグラムを投与しつつ、腹水を抜きます。

そして、抜いた腹水をCART処理して、還元します。

10リットルといった大量の腹水を抜く場合は?

はじめに5リットル腹水を抜きます。

そして、CART処理して、還元します。その上で、残りの腹水5リットルをぬいて、再びCART処理して、還元します。

このような大量の腹水を処理する場合は、KM-CARTが必要になります。

このようにして、循環動態を安定させつつ、CARTを行うのが、大事になります。

アルブミンの数値が2未満の時の注意事項

CARTを行う当日に、アルブミン製剤を投与した方が、より良いです。

CARTだけでは、アルブミンの数値を高くすることに限界があるからです。

「循環動態が不安定であり、循環動態を安定させてからCARTを行うために、CARTの直線にアルブミン製剤を投与した」と記載すれば、保険診療内でアルブミン製剤を用いることはできます。

CARTで発熱が生じる理由

腹水にはサイトカインなどの発熱物質が多量に含まれています。

CARTではこれらすべての不要物を濾過しきれていません。

濃縮した腹水を再静注したときに、体内にこの発熱物質も入ってしまい、CART後に発熱しやすくなります。

したがって、発熱予防としてプレドニン(R)やソルコーテフ(R)などの副腎皮質ステロイドホルモンを静注すると、抗炎症作用による発熱を抑えることができます。

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
札幌禎心会病院がん化学療法センター長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • CARTの効果を医師が解説!KM-CARTと従来のCARTで、効果に違いはある?