1. TOP
  2. 乳がん
  3. 妊娠中の乳がんの治療方法について医師が解説

妊娠中の乳がんの治療方法について医師が解説

 2021/01/15 乳がん  

こんにちは。加藤隆佑です。がん治療を専門に総合病院で勤務しています。

さて、妊娠に伴う乳がんであっても、最近は、治療ができるようになってきました。

そこで、妊娠中の乳がんの治療について、解説していきます。

妊娠期乳がんとは?

妊娠期乳がんの定義は、以下の通りです。

「妊娠中、あるいは、出産後1年以内、および授乳中に診断された乳がん」

授乳中の乳がんであれば、授乳をやめれば、従来通りの治療ができます。

問題は、妊娠中に、乳がんとわかった場合の、治療をどうするかです。

以前は、妊娠を諦めて、治療を受けるか、帝王切開などで、予定よりも早く出産するようにして、早急に乳がんの治療を受けるというものでした。

しかし、最近は、妊娠と継続しながら、乳がんの治療が可能なケースも、わかってきました。

妊娠中にがんになる確率は?

妊婦の1000人から1500人に1人に、乳がんが見つかります。

話はそれますが、妊娠している最中に発見されるがんの頻度は、乳がん、子宮頚がん、甲状腺がん、リンパ腫、悪性黒色腫、性腺腫瘍の順に多いです。

また、妊娠中に乳がんになったからといって、それが胎児に転移することはありません。

妊娠中に受けられる検査は?

妊娠中には、受けられる検査は、限られます。胎児への被曝の問題があるからです。

検査方法ごとに解説していきます。

マンモグラフィー:妊娠中においては、なるべくならば、避けるべきです。

CT:絶対に、避けないといけません。

MRI:妊娠の初期においては、避けるべきとされています。妊娠の中期以降であれば、必要最低限であるならば、良いであろうとされています。

骨シンチグラフィー:妊娠の初期においては、避けるべきとされています。妊娠の中期以降であれば、なるべくならば、避けるべきです。

乳がんの針生検や、細胞診は、どの時期であっても、問題はありません。

妊娠中において、手術を受けるとしたら、全身麻酔はOKか?

麻酔薬が、胎児に悪影響を与えることがあります。

したがって、妊娠初期の場合は、局所麻酔で手術が行われることが、あります。

妊娠の中期以降であれば、全身麻酔で行うことが多いです。しかし、麻酔薬による胎児への長期的な影響は、はっきりしていません。

妊娠中であっても、抗がん剤治療は可能?

妊娠中であっても、抗がん剤治療を受けられる可能性は、あります。

薬剤ごとに、説明いたします。

ホルモン療法:妊娠している時期は、投与してはいけない。

抗がん剤:妊娠の中期以降、つまり妊娠3ヶ月以降であれば、投与をすることを検討してもよい。初期の段階は、投与しては、いけない。

ハーセプチン(抗HER2療法):妊娠している時期は、投与してはいけない。

放射線治療:妊娠している時期は、行ってはいけない。

抗がん剤が直接胎児に影響を及ばさなくても、抗がん剤によって、母体が貧血になったり、食欲不振になることにより、低体重での出産になることもあるので、注意が必要です。

また出産後も、母乳を与えてはいけないこともあるので、注意が必要です。

予後に関してですが、妊娠していないに見つかった場合と比較して、変わらないとされています。

乳がんの治療方針については、こちらで、解説しています。

妊娠初期の段階は、ほとんどの薬剤が、投与できない理由は?

妊娠初期の段階は、胎児の器官形成期と呼ばれ、最も影響が懸念される時期です。

妊娠12週までのことを指すことが、多いです。

この時期に、外部より、なんらかの影響を受けることにより、催奇形のリスクが、高くなってしまうのです。

主治医に質問してほしいこと

最後に、妊娠中にがんが見つかった場合には、以下のことを主治医に聞いてください。

1,  これまで、妊娠中のがんの治療をどの程度あつかったことがありますか?

2,  どのような治療計画で、その治療計画をたてた理由はどのようなものでしょうか?

3, 今すぐ治療をしたほうがよいか、それとも、治療開始は遅らせたほうがよいですか?

4,  治療を送らせることにより、私の予後に影響がありますか?

5,  胎児に長期的に、もしくは短期的に、どのような危険がありますか?

6,  母乳で育てることができますか?

7,  私と、私の家族を支えてくれるサービスは、何かありますか?

主治医とはいえども、抗がん剤治療を妊娠中に受けて、胎児への10年から20年先への影響は全く分かっていません。

そのあたりのことが、早く分かってくれるとよいと思います。

妊娠と、がんの治療を両立させることは、とても大変なことです。そうであっても、いろんな人の力を借りながら、無事妊娠を終えて、乳がんを克服できるように、していきましょう。

 

参考:『乳がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ』国立がん研究センターがん報サービス

参考:日本乳癌学会乳がん診療ガイドライン

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • ホルモン療法(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)による関節痛の対処法を医師が解説

  • 乳がんの治療の流れ|症状と診断ならびに治療を医師が解説

  • 運動やリハビリのがんへの効果は?運動でがんの進行や再発を抑えられるかを医師が解説

  • 遺伝性乳がんの検査と治療は?乳房の予防切除は必要か?

  • 妊娠、出産を望む方が、乳がんの治療受けるための注意点を医師が解説

  • 乳がんの検査の方法と費用ならびに検査の期間を医師が解説!