1. TOP
  2. がんと食事
  3. 西洋医療で、弱った体を強くしてくれる食事

西洋医療で、弱った体を強くしてくれる食事

 2021/01/19 がんと食事  

こんにちは。加藤隆佑と申します。がん治療を専門に、総合病院で勤務しています。

さて、今日はシソを使った薬膳的な料理を1つご紹介します。

とても簡単で、西洋医療で、弱った体を強くしてくれるサポートもしてくれますよ。

ちなみに、シソについて、もう少し詳しく書くと、発汗、解熱、鎮痛、鎮静、解毒剤があります。胃液の分泌をうながし、食欲を増進させたり胃を丈夫にする作用があります。

材料2人前

油揚げ、油抜きして細切りにしたもの 40グラム(それ以上多くしてはいけません)
炒りごま 30グラム
味噌 50グラム
(美味しくない味噌ならば、調理時にだしをいれて、味を整えましょう。味噌の種類によって、量は異なるので、適宜調節してください。)
水 160cc (味噌の種類によって量は多少異なります。)
キュウリ 200グラム
そば 200グラム

作り方

1、油揚げは油抜きする

2、すり鉢で炒りごまをする。ここに味噌を入れる。さらに水で解きながら全体を混ぜる。味が少し濃くなる程度に仕上げるとよい。

3、2に細く切った1を入れ、手で千切ったシソ、薄く輪切りにしたキュウリをいれる。全体を混ぜてたれに仕上げる。

4、そばをゆでて、冷たい水でよく洗い、水を切る。

5、4を3のたれをたっぷりつけて食す。

私は、シソが取れる時期になったら、よく食べています。

試しに食べてみてくださいね!

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
小樽協会病院の消化器内科主任医長

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

がんの漢方外来も、運営

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • がん治療中の誤嚥性肺炎を予防の秘訣は?食事形態や姿勢の工夫を医師が解説

  • エレンタール、ラコール、イノラスを美味しく食べるコツ

  • ヨーグルトといった乳製品を食べると、がんをふやす?その真偽とヨーグルトの代用品を医師が解説

  • 健康維持に役立つ品質のよいオリーブオイルを、偽物に騙されず入手する方法を解説

  • がんを抑え、健康的な生活を送るための、油の取り方の注意事項

  • がん治療中の食事内容を改善することの効果を医師が解説!肉、乳製品、玄米の注意点