1. TOP
  2. 新薬
  3. 2022年11月と12月に承認されたインパクトのある承認された薬剤を ご紹介

2022年11月と12月に承認されたインパクトのある承認された薬剤を ご紹介

新薬  

こんにちは。加藤隆佑です。

本日は、2022年11月と12月に承認されたインパクトのある承認された薬剤をご紹介いたします。

(実際に用いる事が可能になるまで、タイムラグがある事があります。)

1, イジュド

点滴の抗がん剤で、免疫チェックポイント阻害薬の1つです。

手術で切除できない非小細胞肺がん、もしくは肝細胞がんに用いる事ができます。

イミフェンジという免疫チェックポイント阻害薬と併用することになります。

2, イミフィンジ

切除ができない胆道がんに対して、イミフェンジという免疫チェックポイント阻害薬を使えるようになりました。

ただし、ゲムシタビン、シスプラチンという抗がん剤と併用する事が前提です。

3、リブタヨ

免疫チェックポイント阻害薬であり、子宮頸がんに対して用いる事が出来るようになりました。

子宮頸がんに、この薬剤を用いる事が出来るようになったのは、大きな進歩と言えます。

一方で、昔ながらの薬が、がん治療において注目されていることも忘れてはいけません。

例えば、昔からあるメトホルミンという糖尿病薬です。

新規に開発された薬剤と、昔からある薬をうまく利用して治療をしていくのが大事であると思っています。

年末となりましたが、来年もよろしくお願い致します。

執筆医師:加藤隆佑


癌治療認定医
内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
肝臓専門医
札幌禎心会病院がん化学療法センター長

(2021年9月までは、小樽協会病院消化器内科に所属)

消化器領域のがん(食道、胃、すい臓、肝臓、胆のう、大腸)を専門としつつ、がん全般についてアドバイスをしています。

緑書房より「抗がん剤治療を受けるときに読む本」と、「大腸がんと告知されたときに読む本」を出版。

加藤隆佑医師の論文

加藤隆佑医師のプロフィールの詳細はこちら

関連記事

  • 2021年9月に承認されたがんに関連する薬剤をご紹介

  • がんの悪液質に効くと言われるエドルミズの効果を医師が解説

  • 2021年の7月と8月に承認されたがんに関連する薬剤を紹介

  • 2021年の5月と6月に承認されたがんに関連する薬剤をお知らせします。

  • 2022年3月、4月、5月に承認された、がんに関する薬剤をお伝えします

  • 2022年の1月と2月に承認された薬剤を紹介いたします。