1. TOP
  2. 胃がん
  3. 胃がんの手術後に、エスワン+ドセタキセル療法が認可!

胃がんの手術後に、エスワン+ドセタキセル療法が認可!

 2021/01/19 胃がん  

こんにちは。外園正光と申します。がん治療を専門の1つにして総合病院で勤務しています。

今日は、胃がんの手術後の、再発予防のための抗がん剤治療に関してです。

再発予防のための抗がん剤治療を、術後補助化学療法と呼びます。その際に、用いられる抗がん剤が、変更となります。

変更点があるのは、ステージ3の胃がんの術後の抗がん剤治療です。

こちらの臨床試験の結果より、よりよい治療法が判明したのです。

「TS-1+ドセタキセル併用療法」が、ステージ3の胃癌の、手術後に用いられる抗がん剤に、なるということです。

従来の治療法よりも、胃がんの制御率が、高くなります。

ちなみに、ステージ2の胃がんの場合は、TS-1(エスワンタイホウ)という飲み薬を1年間飲みます。その点には、変更はありません。

そしてがんの再発を回避するようにしていきましょう。

文献:StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験

 

関連記事

  • 胃がんの検査の方法と費用ならびに検査の期間を医師が解説!楽に検査を受ける秘訣とは?

  • 胃がんの手術後に、腫瘍マーカーが上昇して、再発を疑わせる時の対処法を医師が解説!

  • 胃がん手術は、名医より手術数が重要!胃がんの手術数のランキングを公開!

  • 胃がんの腫瘍マーカーであるCA19-9やCA125などについて医師が解説

  • 運動やリハビリのがんへの効果は?運動でがんの進行や再発を抑えられるかを医師が解説

  • 胃がんの腹腔内化学療法の治療成績を医師が解説