1. TOP
  2. 副作用対策
  3. がん治療中に、顎や歯の痛みが出た時には、顎骨壊死になっていないかをチェック

がん治療中に、顎や歯の痛みが出た時には、顎骨壊死になっていないかをチェック

 2021/07/27 副作用対策  

こんにちは。外園正光です。

札幌近郊の総合病院で、がん治療を専門に勤務しています。

本日は、顎骨壊死(がっこつえし)について解説いたします。

がんの治療中に、アゴが腫れて痛みが出てきたり、歯茎に灰色の硬いものが出てくるといった症状が出ることが、あります。

このような症状が出た時には、顎骨壊死を疑い、早急な治療が必要になります。

顎骨壊死とは?

顎骨壊死とは、あごの骨の組織や細胞が死んでしまい、骨が腐った状態になることです。

腐ったところに、細菌感染が起こり、アゴの痛み、腫れ、ウミが出るという症状が起こります。

初期の場合は、無症状のこともあります。

顎骨壊死が起こる原因は?

骨粗鬆症の治療薬であると同時に、骨転移の治療薬である、ビスホスホネート系の薬剤が、原因として最も有名です。

頭頸部がんに対して、放射線治療を受けた方も、顎骨壊死になることがあります。

ただし、ビスホスネート系の薬剤や、放射線治療を受けただけで、顎骨壊死になるわけではありません。

このような治療歴がある方において、虫歯や歯周病が進行して、顎の骨に炎症が波及したり、抜歯などの外科処置を受けたことが、顎骨壊死の発症の危険因子になります。

ちなみに、頭頸部がんに対して放射線治療を受けると、唾液の分泌量が減り、口腔内が乾燥し、歯周病が悪化しやすくなるから注意が必要です。

ビスホスネート系の薬剤を飲んでいると、どのくらいの頻度で顎骨壊死が起こる?

飲み薬のビスホスホネート系薬剤(ボナロン、ボンビバ、アクトネル、ベネットなど)では、1万人に1から2人です。つまり、頻度の高いものではありません。

しかし、注射薬(ゾメタ、プラリア、ランマーク)では100人に1 人程度とされており、頻度が跳ね上がります。

さらに、抜歯を受けた場合は、発症確率が、6%から9%まで、跳ね上がります。

いったん発症してしまうと、治りにくいために、予防が大事になります。

予防で最も大事なのは、口腔ケアです。

そのためにも、がん治療が始まる前に、歯科を受診し、口腔内を綺麗にしてもらってほしいです。

さらに、1年に2回程度の歯科受診を受けて、クリーニングをしてもらいましょう。

顎骨壊死が発症した時の対処法とは?

1、頻回に、口の中を洗浄

その過程において、壊死した骨が、自然に排出されることがあります。そして、正常な粘膜で覆われれば、手術による治療は不要です。

自然に排出されない場合は、手術で、腐った骨を取り除きます。

顎の骨を大きく切除する必要がある場合は、入院して全身麻酔での手術になることもあります。 

2、膿が出ている場合には、抗生物質を投与

以上のような治療戦略になるわけですが、治癒することは難しいことも多いです。

何故ならば、顎骨壊死は、口腔内に症状が出ているよりも広い範囲に、病巣が及んでいるからです。

これを全て治癒させようとすると、非常に広い範囲の顎の骨を切除しないといけません。そうすると、生活の質を大きく落とします。

したがって、治癒ではなく、可能な限り腐った骨を取り除きつつ、膿が出ない状況に持っていくことを、目標にせざる得ないこともあるのです。

3、高圧酸素療法も、有効であるというデータもあります。

例えば、岩手医大の高橋 一彰先生は、以下のような報告をされています。

デノスマブに起因すると考えられた顎骨壊死の症例に対し,高気圧酸素療法(hyperbaric oxygen therapy;以下 HBO)を併用した腐骨除去術を施行し,良好な結果を得たので報告する.

患者は 60 歳の男 性で,左側下顎の骨露出の精査を目的に当科を受診した.既往歴に前立腺がんがあり,多発骨転移による 骨関連事象に対して2年8か月間デノスマブを 120 mg /月で皮下注射していた.

口腔内所見では,左側下 顎の歯槽部の舌側に骨露出が認められ,発赤を伴う周囲歯肉から排膿が認められた.局所洗浄による保存 的治療を開始したが,骨露出部は徐々に拡大した.

やがて,分離した腐骨に動揺が認められたため,局所 麻酔下に腐骨除去術を施行したが,その後も骨露出は進行した.さらに,左側頬部蜂窩織炎を併発したため, HBO を開始した.

HBO を 10 回行ったところで左側頬部の腫脹は改善し,開口量も 25 から 30 mm に増加 した.

パノラマX線写真にて左側下顎に腐骨分離が確認されたため,HBO を8回追加した後に全身麻酔下 で腐骨除去術を施行したところ手術創は約2か月で上皮化した.術後2年6か月が経過した現在,炎症の 再燃は認められない.

引用元:高気圧酸素療法と腐骨除去術が著効した薬剤関連顎骨壊死の 1 例

まとめ

顎骨壊死は、治癒が難しいことが珍しくありません。

したがって、予防を心がける必要があり、そのためにも、口腔ケアをしっかり行いましょう。

関連記事

  • リムパーザ(オラパリブ)の効果と、吐き気という副作用を取り除く方法を医師が解説

  • 抗がん剤による血管痛の対処法を医師が解説

  • 抗がん剤によって、酔ってしまうという副作用を医師が解説

  • イリノテカンによる下痢・吐き気・脱毛への対処方法を医師が解説

  • アブラキサンによる筋肉痛の対処法

  • ジェムザール(ゲムシタビン)の間質性肺炎という副作用の対処法を医師が解説